中古マンションの価格に影響するポイントは?

中古マンションの価格に影響するポイントは?

中古マンションの魅力といえば、なんといっても価格。デザイナーズマンション名古屋、東京と検索しましたら、多くの綺麗なデザイナーズマンションが出てきます。新築マンションに比べると、購入予算を押さえられるというのが中古を検討する大きなの理由のひとつではないでしょうか。ただし、価格が安いということは、そこには理由があるものです。中古マンションの価格に影響する大きなポイントとしてまず挙げることができるのは築年数ですが、ほかにも、管理状況、耐震性、リノベーションの有るか無いかなどがあります。

中古マンションの築年数というのは何年が買い時?管理や耐震性能はどうチェックする?
築古になるほど価格は下がる傾向。築20年を過ぎると価格の下落はジワリジワリと立地や管理状況にもよりますが、中古マンションのケースでは、築年数が経過するほど、価格は下がるというのが一般的です。

「築20年くらいまでは築年数と共に、古くなるにつれ価格は下がっていきますが、20年を過ぎると、価格の落ち方が穏やかになるというのが最近の傾向です。築年数と価格のバランスを考察すると、築20年程度のマンションはお買い得といえるかもしれません」(長嶋さん、以下同)

多くの人が新居を購入する際、新築マンションだけでなく、中古マンションを視野に検討するようになったこと、また、中古を買って自分好みにリフォームやリノベーションをしたいという人が増えたということなどから、築20年程度でも、築古だと回避することなく選択する人は以前よりも増えているようです。

日常の管理状況のほかにも、長期的な修繕計画について直前で確認
マンションは10数年に1度ごとに大規模修繕が必要になります。中古マンションを購入する際には、築浅物件の場合だとしても、修繕計画について確認をしておきましょう。

修繕計画がきちんとしているかどうかは、マンションの持続可能性という観点により極めて大事なポイントです。マンションを購入すると住宅ローンの支払いのほかに、管理費と修繕積立金を毎月支払うことになりますが、修繕積立金は大規模修繕に備えて所有者全員で行う積立貯金のようなもの。当然貯金が足りなければ、大規模修繕の際に足りない費用を皆で出し合ったり、修繕積立金を値上げしたりして対応することになります。

タワーマンションなど豪華な設備がついているものを除いて、修繕積立金額の目安としては、専有面積のm2当たり200円程度が適切な額。一口に言うと、50m2であれば毎月1万円程度の金額を修繕積立金として第1回目から積み立てている場合は、2回目、3回目の大規模修繕の際も、修繕積立金の値上げなどをすることなく対応できる可能性が高いと言えます。

ただし、修繕積立金の設定がきちんとしているかどうかだけで決定してしまうと、バリエーションが減ってしまいます。購入後に修繕積立金の値上げもあり得るなど、マンションの状況を理解した上で選択をすることが不可欠です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

1 Response to 中古マンションの価格に影響するポイントは?

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です